高級クラブについて

キャバ嬢と何が違うの?高級クラブとキャバクラの違いまとめ

高級クラブとキャバクラの違いまとめ

高級クラブとキャバクラ。どちらもお酒を飲みながら接客をすることからあんまり違いがわからない方も多いかもしれません。
ですが高級クラブとキャバクラは実際には大違い!接客のやり方からシステムまでかなり違うんです。
私も最初高級クラブで働き始めた当初はなんとなくで選んでしまいましたが、後からキャバクラの接客方法を知って思いました。
「あの時クラブを選んでよかった!」と。実際当時働いていたクラブのママにも「愛ちゃんうちを選んで本当正解だったね」と言われました。本当にそう思います。
似ているようでいて、かなり違う。
そんな高級クラブとキャバクラの違いを解説していきます。

①ママがいるかいないか

まず大きな違いがママの存在ですね。
高級クラブはママがいますが、キャバクラはママがいません。
なので、接客のスタンスもかなり違ってきます。ざっくりまとめるとこのようになります。

高級クラブの接客スタンスお店ではママが主役!ママのために(お店のために)お客様をおもてなしする
キャバクラの接客スタンス自分がこのお店の主役になる!自分の人気を勝ち取るためにお客様をおもてなしする

「そのお店で誰が主役か」がポイントですね。私が当時ママに「うちを選んでよかったね」と言われた理由はここ。
キャバクラは女の子同士で売上を争いあって殺伐としていることも多いので、争うことや女の子同士の派閥が苦手な私は高級クラブの方が性格的に合ってました。

②客層・雰囲気の違い

客層や雰囲気も違います。なので内装から建物の作りまで違うところもあり、客層に合わせてお店の雰囲気も高級クラブとキャバクラとではかなり違いがあります。

高級クラブの客層・雰囲気一見さんお断り。VIPや富裕層などの常連さんのみなので落ち着いているところが多い。
お客様の年齢層は高め。
キャバクラの客層・雰囲気一見さんもOK。お客様はVIPから普通のサラリーマンまでいて、内装もキラキラしてゴージャス。
お客様の年齢層はバラバラ。

このように、高級クラブはお客様のプライバシーを優先して紹介制のところが多く、客層もVIPなどに限られているので落ち着いた雰囲気です。
逆にキャバクラは若い年代のお客様も多く来店するので、おしゃれでゴージャス。
若い年齢層の方にもウケるような雰囲気作りをしているところも多いです。

③接客方法の違い

接客方法にも大きな違いが。先ほど解説した通り、高級クラブとキャバクラでは客層に違いがあります。
お客様が違えば、もちろん接客方法も違いますよね。

高級クラブの接客係のホステスが毎回接客する。
年配のお客様に合わせて教養を身につけ知的な会話にもしっかり受け答えする。
キャバクラの接客毎回キャバ嬢を指名できる。
お客様と会話を楽しみながらお酒を飲んだり、一緒に盛り上がれるような女の子が多い。

来店する客層に合わせて、接客方法は変わります。
特に高級クラブで働き始めてから、私は時事ネタに付いていくために毎日ニュースをチェックするクセができました。
接客のために勉強することが多いのは、高級クラブでもキャバクラでも同じことですね。